いちかわミュージック・パークについて

音楽は人と人、人と地域を結び付けてきました。そしてあらゆる場面で人の心を癒し、勇気づけ、人間にとっては無くてはならないものです。

ふと、周囲に目を向けてみると様々な地域密着型、市民参加型の音楽フェスがあちらこちらで開催されています。
墨田区には「すみだストリート・ジャズ・フェスティバル」、船橋市には「ふなばしミュージック・ストリート」
宮城県仙台の「定禅寺ストリート・ジャズ・フェスティバル」は国内最大級の音楽フェスに成長しています。
「街中が音楽で溢れるイベントを地元市川でも開催したい!」
そんな思いから「市川音楽フェスプロジェクト」が立ち上がり、「いちかわミュージック・パーク」が誕生しました。
日本中が音楽で溢れる時が来るよう、その一端が担えれば幸いです。



いちかわミュージック・パークの目的

音楽を通じて年代や性別、健常者や障がい者、様々な垣根を超えたコミュニケーションできる場を作り、地域産業、観光、伝統、ネットワークなど、様々な要素を融合させ、地域が活性化し市川が「音楽が溢れる夢のある、未来のある街」となることを目的としています。



実行委員会     
市川音楽フェスプロジェクト
代表 池田孝浩

「いちかわミュージック・パーク」ロゴマーク

「いちかわミュージック・パーク」のロゴマークは、市川音楽フェスプロジェクトの有志でもあるグラフィックデザイナー
中村潤太氏によるデザインです。

ロゴ 2修正 - コピー.jpg